本日も建築散歩日和

RC構造、木造、文化財、新築、廃墟問わず建物が好き

地下戦闘指揮場跡

DSC04264_2014072917265973b.jpg

今まで非公開だった地下壕が土日祝日限定で公開されている


これから行こうと思ってる人はネタバレになるので見ないで下さい

それ以外の方は続きをクリック


DSC04265.jpg

ここは今までに見た地下壕と違ってコンクリートで固められた頑丈な造り





DSC04271_201407291727018d9.jpg

手渡された懐中電灯の明かりが届く範囲しか見えない

入口の扉を閉じると、ごらんの通り




DSC04278_201407291727035d9.jpg

先客の3人組とすれ違うが、最後尾の人だけ私を見て驚く

『いま人居たよね?』と連れに確認してた ^^;

まったくビビリだな〜 そして壕の中を貸し切りに























DSC04280.jpg

どぅわぉ〜 うぉ〜


先程までの威勢は何処へやら 私の悲鳴が轟く

この演出は不要です ^^;

気持ちを落ち着かせて視線を移すと、その先には日本兵

もう騙されないぞ!と思ったら生身の説明員で話し出すから、ちょっと驚く





DSC04273_20140729174255517.jpg

カマボコ状の部屋になってます

ここは爆撃で司令部庁舎が使えなくなった時のための地下要塞




DSC04284.jpg

地上につながる穴





DSC04292.jpg

外へ出ると雨は本降り

零戦の滑走路が道路として使われてる場所が近くにある様だ



筑波海軍航空隊プロジェクト
スポンサーサイト

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/08/01(金) 20:30:38|
  2. 茨城県
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
<<石岡 国道355 | ホーム | 旧筑波海軍航空隊司令部基地>>

コメント

Re: たくあんさんへ

昔は自由に出入り出来たんですね。今ではしっかり有料公開です ^^;
土日祝日は問題ありませんが晴れの日限定なので危うかったです
有料だけあって多少整備したのか崩れた跡は見られませんでしたよ
  1. 2014/08/01(金) 23:16:45 |
  2. URL |
  3. 106 #-
  4. [ 編集 ]

ここって非公開とか公開と言うよりずっと以前に潜ってました。
つい最近、友人から誘われて初めて今の現状を知ったんですよ。

暗闇でこの演出は怖いですね~しかも人形と思ってたら本物とは一層怖いかも(>_<)

  1. 2014/08/01(金) 22:51:01 |
  2. URL |
  3. たくあん #HfMzn2gY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://106season2.blog15.fc2.com/tb.php/1800-63aea87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

080504茨城の戦跡調査その2

内部の通路は2本。 天井の幅が狭く、地面の方が広くなっています。 つまり台形の形になっています。 ドーム型になっている部屋。この部屋は2つ。(実は小さい形の部屋3つもあるけど撮り忘れた) 部屋同士にも通路がありそれぞれが繋がっています。 天井に開いたケーブル孔(通風口?)の中をのぞくとこんな感じ ここはかまどうまの生息地。 これで調査終了。出口です。 ...
  1. 2014/08/01(金) 22:46:51 |
  2. Anthology -記憶の記録-

080504茨城の戦跡調査その1

今回はせっかくのG.Wと言う事で茨城県まで足をのばしてみました。 参加者はかねちゃん、sumzyさん、いっちゃん、OKNさんと僕の5人です。 まずは7時10分に上野駅集合。 7時30分発のフレッシュひたちで友部に向かいます。 SUICAでチケット買えないんだね~残念。 7時30発フレッシュひたち 8時39分に友部駅に到着 駅から歩いて20分程度してくると...
  1. 2014/08/01(金) 22:52:55 |
  2. Anthology -記憶の記録-

笠間市へ(地下戦闘指揮所)1

上野駅から特急に乗り込み茨城県笠間市にある友部駅へ。 駅近くで自転車を借りやってきたのは地下戦闘指揮所。 ずっと以前に来た事はあるのですが、いつのまにか管理され公開していたようです。 懐中電灯とヘルメットを借りて入ります。 LEDを持って行ったので懐中電灯は返したけど(^_^;) 1945年2月、人工的に盛った土の下にこん...
  1. 2015/05/10(日) 23:54:50 |
  2. Anthology -記憶の記録-

プロフィール

106

Author:106
新旧問わず建物廻りが趣味
日曜、祝日以外ほぼ更新目標
こんな特別公開等情報も待ってます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道 (14)
青森県 (25)
秋田県 (37)
山形県 (1)
福島県 (2)
茨城県 (20)
栃木県 (18)
群馬県 (21)
埼玉県 (60)
東京都23区内 (687)
東京都郊外 (85)
千葉県 (37)
神奈川県 (289)
山梨県 (29)
長野県 (53)
石川県 (30)
富山県 (5)
静岡県 (79)
岐阜県 (3)
愛知県 (51)
三重県 (20)
滋賀県 (57)
京都府 (51)
大阪府 (118)
奈良県 (16)
和歌山県 (6)
兵庫県 (126)
岡山県 (10)
鳥取県 (8)
島根県 (2)
広島県 (5)
山口県 (9)
香川県 (20)
愛媛県 (5)
福岡県 (33)
佐賀県 (1)
長崎県 (23)
大分県 (1)
宮崎県 (1)
熊本県 (2)
鹿児島県 (3)
イベント・展覧会 (66)
鉄塔・クレーン・工事現場 (19)
乗り物 (29)
出版物 (60)
城跡・史跡 (25)
滝・川・水路 (17)
オブジェ (11)
未分類 (73)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード