本日も建築散歩日和

RC構造、木造、文化財、新築、廃墟問わず建物が好き

小田原File#01 カトリック小田原教会

ラーメンを食べた後に向かったのが教会でした

たしかこの辺と路地を入ると現れた

DSC04927.jpg

近づいて見ると何度も何度もペンキを塗り直した事が確認できる

白壁に緑が縁取られた木造建築である

DSC04945.jpg

DSC04936.jpg

DSC04955.jpg

DSC04948.jpg

現役の教会なので一般に公開してるはずですが

入口の扉が閉じられていて中が見えないと入りにくい

DSC04957.jpg

ここは外観だけで小田原の探索を続けました


竣工:1931年(昭和6年)
所在地:神奈川県小田原市栄町4-6-5
撮影:2010.11.28
スポンサーサイト

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/04(土) 00:00:51|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<小田原File#02 銀行 | ホーム | 旧横浜ゴム平塚製造所記念館>>

コメント

凛太郎さんへ

この建物は木造である事を最大限に活かされてる様な気がします
何年に1回たか日を決めて痛みの目立つ前にペンキを塗ってるのでしょう
クリスマス用なのか電飾されてたので夜に行ったら雰囲気がまた違って良さそうです
  1. 2010/12/05(日) 19:23:49 |
  2. URL |
  3. 106 #-
  4. [ 編集 ]

No title

何ともペンキの色が鮮やかな、可愛らしい教会ですね。
メンテナンスを怠らなければ、木造といえども建物は何時までも若々しさを保てることが分かる、見本のような建物です。
  1. 2010/12/04(土) 23:46:57 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://106season2.blog15.fc2.com/tb.php/433-1868232f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小田原のポタリング(その2)カトリック小田原教会1

表通りから路地の奥に見えてくる素敵な建物があります。 建物としてはこの日、1番期待していた場所です。 カトリック小田原教会です 竣工は1931年(昭和6年) 設計は主任司祭であるルイ・マトン。 山形県の鶴岡カトリック教会天主堂の建設に関わっていた人物との事。 あちらも木造の素敵な教会でしたが、資料には全く名前は出ていなかったような気がします。 木...
  1. 2017/04/21(金) 23:43:22 |
  2. Anthology -記憶の記録-

プロフィール

106

Author:106
新旧問わず建物廻りが趣味
日曜、祝日以外ほぼ更新目標
こんな特別公開等情報も待ってます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道 (14)
青森県 (25)
秋田県 (37)
山形県 (1)
福島県 (2)
茨城県 (20)
栃木県 (18)
群馬県 (21)
埼玉県 (60)
東京都23区内 (690)
東京都郊外 (85)
千葉県 (38)
神奈川県 (290)
山梨県 (29)
長野県 (53)
石川県 (30)
富山県 (5)
静岡県 (79)
岐阜県 (3)
愛知県 (51)
三重県 (20)
滋賀県 (57)
京都府 (52)
大阪府 (124)
奈良県 (16)
和歌山県 (6)
兵庫県 (126)
岡山県 (10)
鳥取県 (8)
島根県 (2)
広島県 (5)
山口県 (9)
香川県 (20)
愛媛県 (5)
福岡県 (33)
佐賀県 (1)
長崎県 (23)
大分県 (1)
宮崎県 (1)
熊本県 (2)
鹿児島県 (3)
イベント・展覧会 (66)
鉄塔・クレーン・工事現場 (19)
乗り物 (29)
出版物 (60)
城跡・史跡 (25)
滝・川・水路 (17)
オブジェ (11)
未分類 (73)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード